• ホーム
  • ニュース
  • アーティスト紹介
  • スケジュール
  • アクセス

ARTIST

兵庫芸術文化センター管弦楽団 Hyogo Performing Arts Center Orchestra

兵庫芸術文化センター管弦楽団 Hyogo Performing Arts Center Orchestra

阪神・淡路大震災からの復興のシンボルとしてオープンした兵庫県立芸術文化センターの専属オーケストラとして2005年9月に設立。楽団員の在籍期間は最長3年。日本をはじめ、ヨーロッパ、アメリカなどでオーディションを行い、世界各地から将来有望な若手演奏家を集め、様々な公演を通じオーケストラ奏者としての経験を積み、優秀な人材を輩出するアカデミーの要素も持つ、世界でも類を見ない新しいシステムのオーケストラである。芸術監督は世界的に活躍する指揮者である佐渡裕が創設時より務め、地元に愛されるオーケストラとして地域に密着した活動を行っている。定期会員数は4,300名を超え、定期演奏会の回数は9回27公演と国内でもトップクラスである。その他、名曲、ファミリー、ポップス等のコンサートや室内楽シリーズ、県内中学1年生を対象とした「わくわくオーケストラ教室」、毎年夏の芸術監督プロデュース・オペラでの演奏など、多彩な活動を展開している。2006年関西元気文化圏賞ニューパワー賞、2011年神戸新聞平和賞、2017年ミュージック・ペンクラブ賞受賞。通称PAC(パック)オーケストラ。http://hpac-orc.jp

フェスティヴァル・ストリング・オーケストラ

ばらのまち福山国際音楽祭2021のために特別に編成されたフェスティヴァル・ストリング・オーケストラは、現在、日本センチュリー交響楽団のコンサートマスターをつとめる松浦奈々(写真)をはじめとし、若手の優秀なプロのストリング・プレイヤーによって組織されている。通常のオーケストラでの演奏活動に加えて、地域創造の「おんかつ(公共ホール音楽活性化プロジェクト)」アーティストとして子どもたちへ教育活動も行っている面々が「未来へつなぐ子どもたちへのコンサート」で本領を発揮し、クラシックの楽しさ、オーケストラの素晴らしさを体感させてくれる。

岩村力(指揮)Iwamura chikara(Conductor)

早稲田大学理工学部電子通信学科、および桐朋学園大学演奏学科を卒業。黒岩英臣、飯守泰次郎、小澤征爾、R・シューマッヒャーの各氏に師事。マスタープレイヤーズ指揮者コンクール優勝、グゼッラ国際指揮者コンクール第2位など数多くのコンクールに入賞。95年・97年フェラーラ市立歌劇場の招待を受け、クラウディオ・アバド氏のもとで研鑚を積む。またシャルル・デュトワ、チョン・ミョンフン、ジャン・フルネ、イヴァン・フィッシャーなどのアシスタントを数多くつとめた。01年以降は、ザグレブ国際現代音楽祭、ザグレブ・フィル、バーリ響と共演するなど国際的に活躍の場を広げるほか、国内では日本人作曲家の作品を取り上げ、高い評価を博す。
2015年、兵庫県功労者表彰(文化功労)受賞。
2000-07年NHK交響楽団アシスタントコンダクター
2010年より兵庫芸術文化センター管弦楽団レジデント・コンダクター

神戸市室内管弦楽団 Kobe City Chamber Orchestra

1981年、神戸市により「神戸室内合奏団」として設立。実力派の弦楽器奏者たちによって組織され、弦楽合奏を主体としながらも、管楽器群を加えた室内管弦楽団としての活動も活発に行う。これまでにゲルハルト・ボッセや岡山潔など音楽界の巨匠を音楽監督に迎え、国内外の第一線で活躍する指揮者・ソリストとの共演を重ねてきた。CDリリースや海外公演などを経て、2018年に管楽器団員が加入したことを機に、「神戸市室内管弦楽団」と改名。2021年には世界的なチェリストであり指揮者の鈴木秀美が音楽監督に就任し、古典派音楽を中心に質の高いアンサンブルの追求を続けている。定期演奏会の他にも、地域へのクラシック音楽普及や、音楽を通して地域の抱える課題に取り組むなど、公共の楽団としての活動も精力的に行っている。

鈴木秀美(指揮)Suzuki Hidemi(Conductor)

桐朋学園大学卒業後同校の助手・講師を4年間務め、その間リサイタルやコンチェルト、バロックの通奏低音や室内楽、現代曲の初演、シャンソン歌手コラ・ヴォケールやジュリエット・グレコとの共演など、多岐にわたって約300回の演奏会を行った後オランダに渡る。
20世紀末の16年間をオランダ・ベルギーを中心にヨーロッパで過ごし、18世紀オーケストラの奏者、ラ・プティット・バンド等の首席奏者として活躍。鈴木雅明の主宰するバッハ・コレギウム・ ジャパンでは創立から2014年まで、J.S.バッハの全宗教曲の演奏・録音の通奏低音を務めた。ヨーロッパ各地、オーストラリア、中国、台湾、韓国、ベトナム等で演奏及び講習会の講師を務め、94年に新設されたブリュッセル王立音楽院バロック・ チェロ科に教授として招聘され、2000年に帰国するまで務めた。91年《バッハ/無伴奏チェロ組曲全曲》日本全国ツアーにより村松賞大賞を受賞。99年より2008年まで水戸芸術館専属の弦楽四重奏団「ミト・デラルコ」として活動。現在は楽(らく)遊会弦楽四重奏団としても活動している。
録音は独奏者・室内楽及び通奏低音奏者として多数。95年日本初のオリジナル楽器による《バッハ/無伴奏チェロ組曲全曲》を録音し、平成7年度文化庁芸術作品賞を受賞、05年に新録音。以降同レーベルから 《シューベルト/アルペジオーネ・ソナタ》《ベートーヴェン/チェロ作品全集》《ロマンス》(ピアノ小島芳子)などを発表し、1998年にはラ・プティット・バンドとの共演による《ハイドン/チェロ協奏曲集》で第36回レコード・アカデミー賞(協奏曲部門)を、2000年にはベートーヴェン初期作品の録音でフランスのディアパゾン金賞を受賞した。平井千絵との《メンデルスゾーン作品集》で06年文化庁芸術祭優秀賞受賞。08年には同じく平井千絵と《ショパン・チェロ作品集》をリリース。
2001年に古典派を専門とするオーケストラ・リベラ・クラシカを結成。ハイドンを中心としたプログラムの公演を行い、《アルテ・デラルコ》レーベルよりそのライヴ録音を続々とリリース。同レーベルにはソロや室内楽も含まれ、60タイトルを越える。また、声楽アンサンブル《ラ・フォンテヴェルデ》の《モンテヴェルディ・マドリガル全曲シリーズ》では録音のプロデューサーを務める。
指揮ではオーストラリア、ポーランド、クロアチア、ベトナム等に招かれるほか、日本各地のオーケストラに客演。山形交響楽団首席客演指揮者。二期会《ニュー・ウェーブ》の指揮者としてヘンデルのオペラも手がける。神戸市室内合奏団(現管弦楽団)の創立から84年まで首席奏者兼副指揮者、21年から音楽監督に就任。
著書に「『古楽器』よ、さらば!」とその改訂版(音楽之友社)、「ガット・カフェ」、「無伴奏チェロ組曲」(東京書籍)、「通奏低音弾きの言葉では」(アルテス・パブリッシング)。
第37回サントリー音楽賞、第10回斎藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。東京音楽大学チェロ科客員教授、東京藝術大学古楽科非常勤講師。

バリー・ダグラス(ピアノ)Barry Douglas(Piano)

1986年チャイコフスキー国際コンクールに優勝して以来、国際的な演奏活動を繰り広げている。1999年には南北アイルランド出身の演奏家で構成される室内合奏団「カメラータ・アイルランド」を結成し、芸術監督を務めている。
これまで、ロンドン響、BBC響、ボルティモア響、ヘルシンキ・フィル、ドレスデン・フィル、ハレ管、ベルリン放送響などと共演。フランス、アイルランド、イギリス、アメリカ、ドイツ、ロシアでは定期的にリサイタルに出演している。最近は指揮者(弾き振り) としての評価も高まっており、アカデミー室内管、インディアナポリス響、バンクーバー響、モスクワ・フィルなどとの共演はいずれも絶賛を博す。2002年、大英帝国勲章(OBE)を受賞。

郷古廉(ヴァイオリン)Goko Sunao(Violin)

13年8月ティボール・ヴァルガ シオン国際ヴァイオリン・コンクール優勝ならびに聴衆賞・現代曲賞を受賞。国内外で最も注目されている若手ヴァイオリニストのひとりである。
93年生まれ。宮城県多賀城市出身。06年第11回ユーディ・メニューイン青少年国際ヴァイオリンコンクールジュニア部門第1位(史上最年少優勝)。07年12月のデビュー以来、読売日響、大阪フィル、仙台フィル等を含む各地のオーケストラと共演。共演指揮者にはゲルハルト・ボッセ、フランソワ=グザヴィエ・ロト、川瀬賢太郎各氏などがいる。《サイトウ・キネン・フェスティバル松本》、《東京・春・音楽祭》にも招かれている。また17年より3年かけてベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲を演奏するシリーズにも取り組んだ。
これまでに勅使河原真実、ゲルハルト・ボッセ、辰巳明子、パヴェル・ヴェルニコフの各氏に師事。国内外の音楽祭でジャン・ジャック・カントロフ、アナ・チュマチェンコの各氏のマスタークラスを受ける。
EXTONレーベル、nascorレーベルそれぞれからCD をリリース。
使用楽器は1682年製アントニオ・ストラディヴァリ(Banat)。個人の所有者の厚意により貸与される。19年第29回出光音楽賞受賞。

 

マチルド・カルデリーニ(フルート)Mathilde Calderini(Flute)

5/14更新 ばらのまち福山国際音楽祭2022 出演者変更等について

2013年4月、権威ある第8回神戸国際フルートコンクールにて第1位を獲得。それに先立つマクサンス・ラリュー国際フルートコンクールにおいて、最優秀ヤングフルート特別賞を受賞。
パリ生まれ。パリ高等音楽院に学んだのち、ロンドン王立音楽院にてウィリアム・ベネットの薫陶を受ける。その後、ポール・メイエおよびエリック・ル・サージュの指導のもと、様々な編成での室内楽の経験を積む。
これまでに、ソリストとして、また室内楽奏者として、サル・プレイエル音楽祭、パブロ・カザルス音楽祭を含む国際的な音楽祭より招かれ、アンリ・ドマルケット、フランク・ブラレイ、ネマニャ・ラドゥロヴィチらと共演している。
協奏曲のソリストとして、アムステルダム・コンセルトヘボウ、ロンドンのロイヤル·アルバート·ホールとロイヤル・オペラハウス、パリ歌劇場、シャンゼリゼ劇場など、数々の権威あるホールで、フィリップ·ジョルダン、ドミトリー・ユロフスキ、エドワード·ガードナー、マーク·エルダー、ウラディーミル·アシュケナージ等の指揮者と共演している。
2018年10月からフランス国立リール管弦楽団、2020年8月からはフランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者をつとめているほか、2019年カール・ニールセン国際コンクールで優勝(聴衆賞・現代作品演奏賞も受賞)したオラノス木管五重奏団のメンバーでもある。
公式Website https://www.mathildecalderini.com/en/

高木綾子(フルート)Takagi Ayako(Flute)

5/14更新 ばらのまち福山国際音楽祭2022 出演者変更等について

確かなテクニックと、個性溢れる音色、ジャンルを超えた音楽性で、注目を集める実力派フルート奏者である。日本管打楽器コンクール第1位、日本音楽コンクール第1位、新日鐵音楽賞、ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール第3位、神戸国際フルートコンクール第3位など多数の受賞歴を誇る。 これまでに国内主要オーケストラとの共演はもとより、新イタリア合奏団、シュトゥットガルト室内管、サンクトペテルブルク響、パリ室内管と共演。パリ室内管との共演で、パリデビューも果たしている。 CD録音も活発に行っており、2000年3月にCDデビューし、エイベックスと日本コロムビアから多数リリース。現在、東京藝術大学准教授、洗足学園大学客員教授、日本大学藝術学部、武蔵野音楽大学、桐朋学園大学の非常勤講師として後進の指導にもあたっている。

ミロスラフ・セケラ(ピアノ)Miroslav Sekera(Piano)

ミロスラフ・セケラは1975年生まれ。2002年、ブラームスが名作を作曲したオーストリアの避暑地として名高いヴェルター湖畔の街ペルチャッハで開催されている伝統を誇るブラームス国際コンクール(第8回)ピアノ部門で優勝。彼はすでに、チェコでショパンが滞在した都市マリアンスケ・ラーズニェで行われたF.ショパン・コンクールで第1位、HAMU主催のコンクールで第1位(ヤマハ・スカラシップ)、フランスのガイヤールの国際コンクールで第2位など、国内外の多くの重要なコンクールで入賞している。2016年には、ニューヨークの音楽協会「サロン・ド・ヴァーチュオージ」の賞を受賞。
3歳の頃からピアノを始め、優れた教師であるズデナ・ヤンジュロヴァ教授にその並外れた才能を見出された。同時にヴァイオリンも始める。その存在は9歳の時、巨匠ミロシュ・フォアマン監督の目にとまり、作品賞、監督賞などアカデミー賞8部門等を受賞した映画「アマデウス」に、ピアノとヴァイオリン両方を弾く子ども時代のモーツァルトとして出演した異色の経歴を持つ。プラハ音楽院に入学するまでは両方の楽器を演奏していたが、ピアノだけを学ぶことにした。彼はエヴァ・ボグニオヴァー教授のクラスに入学した。また、在学中はマルティン・バリィ教授のクラスにも通っていた。その後、プラハの演奏芸術アカデミーの音楽学部でミロスラフ・ランガー准教授のもとで学ぶ。1999年に最も優秀な学生として修了した。
ソリストおよび室内楽奏者として、ウィーン(ウィーン・コンツェルトハウス、ムジークフェライン)、ワシントン(ケネディ・センター)、東京(オペラシティ コンサートホール)をはじめとする世界各地の著名なホールに出演している。また、チェコ放送やチェコ・フィル、プラハ交響楽団などチェコの主要オーケストラ、音楽祭と定期的にコラボレーションを行っている。定期的に共演しているアーティストには、チェコの名門レーベル、スプラフォンにCDを録音しているヴァイオリニストのヨゼフ・シュパチェク、メゾ・ソプラノのダグマー・ペコヴァー、ベルリン・フィルの首席ホルン奏者をつとめたラデク・バボラークなどがいる。2016年には、「世界のピアノ作品」シリーズの一環として、プラハのルドルフィヌムのドヴォルザーク・ホールにデビュー。またチェコのピアノの巨匠ルドルフ・フィルクスニーの名前を冠したピアノ・フェスティヴァルにも出演。2019年には日本のチェロの巨匠、堤剛と日本ツアーを行い、軽井沢国際音楽祭にソリストとして出演し、ブラームスのピアノ協奏曲第2番を演奏した。4月には、リストとスメタナの作品を収録したソロCDがスプラフォンからリリースされ、クラシック音楽のWebsiteジャーナル「ピッツィカート」で賞を受賞した。