• ニュース
  • アーティスト紹介
  • スケジュール
  • アクセス
  • チケットに関して

ARTIST

イリヤ・デルビロフ(指揮) Ilya Derbilov(Conductor)

イリヤ・デルビロフは、サンクトペテルブルクのリムスキー=コルサコフ音楽院を卒業、2002年から国立サンクトペテルブルク・カペッラの合唱指揮者としてキャリアを始めた。この合唱団とアメリア、ドイツ、フランス、オランダ、スペイン、ルクセンブルグ、ベルギー、ギリシャ、ベラルーシとウクライナでツアーを行った。2004~2007年サンクトペテルブルク音楽院のオペラ・バレエ劇場の指揮者をつとめ、卓越した振付師ニキータ・ドルグーシンとのコラボレーションで成功を収めた。2007~2012年にハバロフスクの極東アカデミー管弦楽団の芸術監督・首席指揮者をつとめ、サハリン、アムール河地方、ユダヤ地区や中国で300回以上のコンサートを指揮した。
ユーリ・バシュメット、ドミトリー・ホロストフスキー、デニス・マツーエフ、ドミトリー・コーガン、ボリス・アンドリアーノフといったソリスト達と共演、ロシアの主要なオーケストラを指揮している。2009~2011年に韓国の九里フィルハーモニー管弦楽団の客演指揮者をつとめた。2018年にロシア国立ウリャノフスク交響楽団の芸術監督・首席指揮者に任命された。

ロシア国立ウリャノフスク交響楽団ULYANOVSK STATE ACADEMIC SYMPHONY ORCHESTRA

1968年に設立のロシア国立ウリャノフスク交響楽団は、ロシアでもっとも有名なオーケストラの一つとして、その地位を確立している。ヴォルガ川のほとりに位置するこの大都市(モスクワから東に約600km)を訪れた客演者には、ヴァレリー・ゲルギエフ、マリス・ヤンソンス、ユーリ・テミルカーノフ、ウラディーミル・フェドセーエフなどのロシアの最高の指揮者たち、および、ソリストとして度々共演してきたムスティスラフ・ロストロポーヴィチらがいる。さらにエフゲニー・キーシン、デニス・マツーエフ、ナターリヤ・グートマン、セルゲイ・ナカリャコフ、ディミトリ―・ホロストフスキーなど、数多くのアーティストたちが共演し、この一流のオーケストラの高い芸術性を評価している。
102人の楽員たちが、レーニンおよびゴンチャロフの故郷であるウリャノフスクで年間60回以上のコンサートを行っている。彼らは海外でもツアーを行っている(中国、ドイツ、フランス、スペイン、スイス、北欧諸国など)ほか、モスクワ、サンクトペテルブルク等、多くのロシア連邦の都市の音楽祭でコンサートを行い、各地で称賛を得ている。
ロシア国立ウリャノフスク交響楽団は、「アカデミック・オーケストラ」および「政府所属のオーケストラ」という名誉称号を授与されている。エドワルド・セーロフ、ニコライ・アレクセイエフ、セルゲイ・フェルリョフ、オレグ・ズヴェーレフが同オーケストラの音楽監督兼首席指揮者を務めた。2018年よりロシアの俊英指揮者イリヤ・デルビロフが芸術監督・首席指揮者を務めている。

広島交響楽団 HIROSHIMA SYMPHONY ORCHESTRA

国際平和文化都市“広島”を本拠地に“Music for Peace ~ 音楽で平和を”をテーマに活動するプロ・オーケストラ。2017年より下野竜也が音楽総監督を務め、その意欲的な音楽づくりが注目を集めている。
クリスティアン・アルミンクが首席客演指揮者、秋山和慶が終身名誉指揮者を務めるほか、ウィーン・フィル、コンサートマスターのフォルクハルト・シュトイデをミュージック・パートナーに、細川俊夫をコンポーザー・イン・レジデンスに迎えている。また、ピアニスト、マルタ・アルゲリッチには2015年の「平和の夕べ」コンサートでの共演をきっかけに広響「平和音楽大使」の称号を贈り、相互に平和を希求する音楽活動を続けている。
1963年「広島市民交響楽団」として設立、1970年に「広島交響楽団」へ改称。学校での音楽鑑賞教室や社会貢献活動にも積極的に取り組み、地域に根差した楽団として「広響」の愛称で親しまれる。1991年の「国連平和コンサート」(オーストリア)での初の海外公演以降、チェコ、フランス、ロシア、韓国、そして2019年8月にはポーランド・ワルシャワでの「ショパンと彼のヨーロッパ音楽祭」に招かれ、ヒロシマのメッセージを音楽で海外へも発信。高い評価を受けた2017年の下野竜也の就任披露のブルックナー:交響曲第8番の音源配信に続き、2019度、新たに下野とのブルックナー:交響曲第5番のCDもリリースした。
「広島市政功労賞」「広島文化賞」「広島ホームテレビ文化賞」「地域文化功労者賞(文部大臣表彰)」「第54回中国文化賞」「第17回県民文化奨励賞」「第5回国際交流奨励賞」「文化対話賞(ユネスコ)」「広島市民賞」を受賞。
公式ホームページ  http://hirokyo.or.jp