• ニュース
  • アーティスト紹介
  • スケジュール
  • アクセス
  • チケットに関して

ARTIST

兵庫芸術文化センター管弦楽団 Hyogo Performing Arts Center Orchestra

兵庫芸術文化センター管弦楽団 Hyogo Performing Arts Center Orchestra

阪神・淡路大震災からの復興のシンボルとしてオープンした兵庫県立芸術文化センターの専属オーケストラとして2005年9月に設立。楽団員の在籍期間は最長3年。日本をはじめ、ヨーロッパ、アメリカなどでオーディションを行い、世界各地から将来有望な若手演奏家を集め、様々な公演を通じオーケストラ奏者としての経験を積み、優秀な人材を輩出するアカデミーの要素も持つ、世界でも類を見ない新しいシステムのオーケストラである。芸術監督は世界的に活躍する指揮者である佐渡裕が創設時より務め、地元に愛されるオーケストラとして地域に密着した活動を行っている。定期会員数は4,300名を超え、定期演奏会の回数は9回27公演と国内でもトップクラスである。その他、名曲、ファミリー、ポップス等のコンサートや室内楽シリーズ、県内中学1年生を対象とした「わくわくオーケストラ教室」、毎年夏の芸術監督プロデュース・オペラでの演奏など、多彩な活動を展開している。2006年関西元気文化圏賞ニューパワー賞、2011年神戸新聞平和賞、2017年ミュージック・ペンクラブ賞受賞。通称PAC(パック)オーケストラ。http://hpac-orc.jp

広島交響楽団 HIROSHIMA SYMPHONY ORCHESTRA

国際平和文化都市“広島”を本拠地に“Music for Peace ~ 音楽で平和を”をテーマに活動するプロ・オーケストラ。2017年より下野竜也が音楽総監督を務め、その意欲的な音楽づくりが注目を集めている。
クリスティアン・アルミンクが首席客演指揮者、秋山和慶が終身名誉指揮者を務めるほか、ウィーン・フィル、コンサートマスターのフォルクハルト・シュトイデをミュージック・パートナーに、細川俊夫をコンポーザー・イン・レジデンスに迎えている。また、ピアニスト、マルタ・アルゲリッチには2015年の「平和の夕べ」コンサートでの共演をきっかけに広響「平和音楽大使」の称号を贈り、相互に平和を希求する音楽活動を続けている。
1963年「広島市民交響楽団」として設立、1970年に「広島交響楽団」へ改称。学校での音楽鑑賞教室や社会貢献活動にも積極的に取り組み、地域に根差した楽団として「広響」の愛称で親しまれる。1991年の「国連平和コンサート」(オーストリア)での初の海外公演以降、チェコ、フランス、ロシア、韓国、そして2019年8月にはポーランド・ワルシャワでの「ショパンと彼のヨーロッパ音楽祭」に招かれ、ヒロシマのメッセージを音楽で海外へも発信。高い評価を受けた2017年の下野竜也の就任披露のブルックナー:交響曲第8番の音源配信に続き、2019度、新たに下野とのブルックナー:交響曲第5番のCDもリリースした。
「広島市政功労賞」「広島文化賞」「広島ホームテレビ文化賞」「地域文化功労者賞(文部大臣表彰)」「第54回中国文化賞」「第17回県民文化奨励賞」「第5回国際交流奨励賞」「文化対話賞(ユネスコ)」「広島市民賞」を受賞。
公式ホームページ  http://hirokyo.or.jp

バリー・ダグラス(ピアノ)Barry Douglas(Piano)

1986年チャイコフスキー国際コンクールに優勝して以来、国際的な演奏活動を繰り広げている。1999年には南北アイルランド出身の演奏家で構成される室内合奏団「カメラータ・アイルランド」を結成し、芸術監督を務めている。
これまで、ロンドン響、BBC響、ボルティモア響、ヘルシンキ・フィル、ドレスデン・フィル、ハレ管、ベルリン放送響などと共演。フランス、アイルランド、イギリス、アメリカ、ドイツ、ロシアでは定期的にリサイタルに出演している。最近は指揮者(弾き振り) としての評価も高まっており、アカデミー室内管、インディアナポリス響、バンクーバー響、モスクワ・フィルなどとの共演はいずれも絶賛を博す。2002年、大英帝国勲章(OBE)を受賞。