• ニュース
  • アーティスト紹介
  • スケジュール
  • アクセス
  • チケットに関して

ARTIST

後藤博亮

福山市出身。現在チェコ共和国在住,チェコ国立ブルノフィルハーモニー管弦楽団第一ヴァイオリニスト。2011年武蔵野音楽大学を総代首席で卒業,第81回読売新人演奏会に出演。2012年プラハ芸術アカデミーを経て,2013年チェコ国立ヤナーチェク音楽芸術アカデミー修士課程に入学。2015年同アカデミーを修了後,チェコのプロオーケストラに所属。2015年より同アカデミー博士課程に進学。2016年チェコ国立ブルノフィルハーモニー管弦楽団のオーディションに合格,第一ヴァイオリニストとして2017年より正団員として所属している。
ソリスト・室内楽奏者としての活動は,チェコの作曲家を取り入れたプログラム(ドヴォジャーク,ヤナーチェクなど)のリサイタルをアカデミー専属ピアニストの教授(レナタ・アルダシェヴォヴァー氏,ヴラディミール・ホリー氏)と日本とチェコで行う(2016,2017年)ほか,元ウィーンフィル奏者のT.ヴィンクラット氏や,ペテル・ミハリツァ教授とコンチェルトを演奏する(2015年)など多岐にわたる。
また地元福山では,2013年に弦楽合奏団『ふくやま弦楽隊』を結成,ソロコンサートマスターを務める。これまでにヴァイオリンを加藤節子,中畝みのり,矢嶋佳子,G.フェイギン,P.フーラ,P.ミハリツァ,F.ノボトニーの各氏に,室内楽重奏法を小池ちとせ氏に,室内楽をZ.ティバイ,G.フェイギン,I.ガヤン,P.ミハリツァ,B.ウィリー,I.ポスピーハルの各氏に師事。