• ニュース
  • アーティスト紹介
  • スケジュール
  • アクセス
  • チケットに関して

ARTIST

若林顕

東京芸術大学で田村宏氏に、ザルツブルク・モーツァルテウムやベルリン芸術大学でハンス・ライグラフ氏に師事。17歳で日本音楽コンクール第2位。1985年ブゾーニ国際コンクール第2位。87年エリーザベト王妃国際コンクール第2位受賞。ニューヨーク・カーネギーホールでリサイタル・デビュー、ラ・フォル・ジュルネ(フランス)などにも出演。N響をはじめとする国内の主要オーケストラのほか、ベルリン響、サンクトペテルブルク響、スコットランド室内管といった海外の名門オーケストラとも多数共演。室内楽の分野でもK・ブラッハー、S・イッサーリスら内外の名手達と数多く共演。 近年は妻でもあるヴァイオリニスト鈴木理恵子との共演を重ねており、作品の本質に迫る深い音楽性が各地できわめて高い評価を受けている。鈴木理恵子とのデュオによる「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集」(キングインターナショナル)、「シューベルティアーナ」、「モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集Vol.1~3」(共にレコード芸術準特選盤・特選盤)、「レスピーギ&フランク:ヴァイオリン・ソナタ」(レコード芸術準特選盤)をリリース。ソロでは「チャイコフスキー:くるみ割り人形(ピアノ独奏版・世界初録音)」、「リスト:ピアノ作品集」、「チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(ラザレフ指揮日本フィルとのライヴ)」、「ショパン:エチュード全集」(いずれもレコード芸術特選盤、以上オクタヴィア・レコード)と、続々とCDが発表されている。14年1月にはサントリーホール(大ホール)でソロ・リサイタルを行い、大きな反響を得た。その模様はNHK「ベスト・オブ・クラシック」でも放送された。16年1月にも再びサントリーホールでソロ・リサイタルを開催。「類のない高次元の名演」「圧巻のリサイタル」と評され、大成功をおさめた。東京音楽大学・大学院客員教授、桐朋学園大学・大学院特任教授、国立音楽大学・大学院招聘教授、札幌大谷大学芸術学部客員教授。

【公式ホームページ】
http://www.wakabayashi-akira.com/