• ニュース
  • アーティスト紹介
  • スケジュール
  • アクセス
  • チケットに関して

ARTIST

寺沢希

長野県出身。エリザベト音楽大学宗教音楽学コース卒業。同大学在学中にBaroque Ensemble“Hiroshima Bach Soloists”を結成。現在、合唱指揮者として広島を中心に活動中。合唱指揮のレッスンをティモ・ヌオランネ、松原千振の各氏に受ける。また第7回世界合唱シンポジウムにおいてダン=ウーロフ・ステーンルンド氏のマスタークラスを修了。2008年の3月にはジャパンユース合唱団広島公演を客演指揮している。Men’s Vocal Ensemble“寺漢”を率いて、宝塚国際室内合唱コンクールにおいて金賞(第26回ロマン派部門)、銀賞(第30回シアターピース部門)、銅賞(第27回ルネサンス・バロック派部門、第30回ロマン派部門、第31回近現代部門)、全国声楽アンサンブルコンテスト(第10回)にて銀賞、東京国際合唱コンクールにて金賞(第1回、室内合唱部門)を受賞。
近年はオペラや声楽付きオーケストラ作品のコーラスマスターとしての活動も多く、ドビュッシー「夜想曲」、ヴォーン=ウィリアムズ「南極交響曲」(以上、秋山和慶指揮:広島交響楽団)デュルフレ「レクイエム」(山下一史指揮:広島交響楽団)、ラヴェル「ダフニスとクロエ」(パスカル・ヴェロ指揮:広島交響楽団)、細川俊夫「星のない夜」(山下一史指揮:エリザベト音楽大学交響楽団、ジョナサン・シュットゥックマイヤー指揮:エリザベト音楽大学交響楽団)、モーツァルト「レクイエム」(ダニエーレ・アジマン指揮:ロッシーニ歌劇場管弦楽団)、モーツアルト「イドメネオ」(下野竜也指揮、岩田達宗演出、ひろしまオペラルネッサンス)などの作品を成功に導いている。また2012年、13年、15年、17年とスウェーデン在住の作曲家・ピアニスト、スティーヴ・ドブロゴス氏を広島に招き、作曲者自身によるピアノとの共演で新作「Miserere」(2012)、「HANABANA」(2013)、「Stabat Mater」(2013)、「聖フランシスコの平和の祈り」(2015)の世界初演を成功させるなど新しい活動にも積極的に取り組んでいる。
現在、広島中央合唱団、広島女声合唱団、広島メンネルコール、セシリアくれコーラス、セシリアあきコーラス、Men’s Vocal Ensemble“寺漢”、コーラスグループ☆ベガ、Kammerchor Hiroshima Kantorei 常任指揮者、熊野児童合唱団 音楽監督、混声合唱団コア・リーデンローズ 指揮者、ひろしまオペラルネッサンス合唱団、広島ジュニアコーラス、サビエル記念聖堂少年少女合唱団ステラ(山口)、花のジュニア合唱団FUKUYAMA、Vocal Ensemble “Sicut Lillium”、竹屋公民館コーラス「つばさ」 指導者、広島県合唱連盟副理事長、エリザベトシンガーズ正団員、エリザベト音楽大学非常勤講師(合唱・宗教音楽・合唱指揮法)。