• ニュース
  • アーティスト紹介
  • スケジュール
  • アクセス
  • チケットに関して

ARTIST

ピオトル・パレチニ Piotr Paleczny

フレデリック・ショパン音楽アカデミーにてヤン・エキエル氏に師事。これまでに、ポーランド国立放送響、シカゴ響、ロイヤル・フィル、コンセルトヘボウ管、BBC響、ゲヴァントハウス管、読売日本響など、世界の一流オーケストラと共演を重ねているほか、プラハの春、シュレスヴィヒ・ホルシュタインなどの音楽祭にも度々招待されている。現在、ドゥシニキ国際ショパンフェスティバル芸術監督やショパン国際ピアノコンクール審査委員などを務めており、ポーランドにおける最も有名なピアニスト、教授としての地位を確立している。マスタークラスは、ボルドー、アムステルダム、パリ、ブエノスアイレス、東京、浜松、ルガーノなどで行っている。その優れた芸術的功績が認められ、ポーランド国内外より名誉ある数々の賞が与えられた。1998年にはポーランド大統領よりプロフェッサーの肩書きが授与された。現在、フレデリック・ショパン音楽大学教授。2019年5月、若手日本人ピアニストへの熱心な指導等が評価され、旭日中叙勲を綬章した。

Pianist Piotr Paleczny graduated from the Fryderyk Chopin University of Music, where he studied under Jan Ekier. In addition to his performances with world renowned orchestras including the Polish National Radio Symphony Orchestra, the Chicago Symphony Orchestra, the Royal Philharmonic Orchestra, the Royal Concertgebouw Orchestra, the BBC Symphony Orchestra, the Leipzig Gewandhaus Orchestra, and the Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, Mr. Paleczny has also been invited to numerous music festivals including the Prague Spring International Music Festival and the Schleswig-Holstein Musik Festival. Currently, Mr. Paleczny is the artistic director of the Duszniki International Chopin Piano Festival and is a judge of the International Chopin Piano Competition. In addition to becoming the most famous pianist in Poland, he has also established himself as a professor. He has lead master classes in Bordeaux, Amsterdam, Paris, Buenos Aires, Tokyo, Hamamatsu, Lugano, and other locations. His superior artistic achievements have been recognized through numerous awards both in Poland and abroad. In 1998, Mr. Paleczny was granted the title of professor by the President of the Republic of Poland, and currently he is a professor at the Fryderyk Chopin University of Music. In 2019, he was awarded the Order of the Rising Sun from the Japanese government.