• ニュース
  • アーティスト紹介
  • スケジュール
  • アクセス
  • チケットに関して

ARTIST

セルゲイ・マーロフ(ヴァイオリン、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ) Sergey Malov(Violin、Violoncello da spalla)

ヴァイオリン、ヴィオラそしてヴィオロンチェロ・ダ・スパッラも弾く「弦」の異才!
サンクトペテルブルクの音楽一家に生まれる。6歳からヴァイオリンを習い、モーツァルテウム音楽院にてヘルムート・ツェートマイヤー、トーマス・ツェトマイヤー、ライナー・シュミット、トーマス・リーブル(ヴィオラ)に師事。2008年ミュンヘン国際音楽コンクールのヴィオラ部門では2つの特別賞を受賞。2009年、ハイフェッツ国際ヴァイオリン・コンクール(ヴィリニュス)と第1回東京国際ヴィオラ・コンクールのヴァイオリン、ヴィオラそれぞれの国際コンクールで優勝。2011年2月、モーツァルト国際コンクールヴァイオリン部門にて優勝。その他パガニーニ国際コンクール(2006年、2007年)をはじめ多くの国際コンクールで入賞または優秀な成績を収めている。ヴァイオリンとヴィオラのソリストとしてヨーロッパ、日本を含む世界各地で主要オーケストラ―バイエルン放送交響楽団、ウィーン放送交響楽団、ロンドン・フィル、モスクワ・フィル、東京フィルなどと共演しており、楽友協会(ウィーン)、モーツァルテウム(ザルツブルク)、パリのシャンゼリゼ劇場ほか世界各国の主要なホールでもでも演奏している。ヴィオラ・スペース(東京)のほか、欧州各国の室内楽音楽祭に招かれている。2012年10月浜離宮朝日ホールでの日本デビュー・リサイタルで高い評価を得ている。

©Julia Wesely