• ニュース
  • アーティスト紹介
  • スケジュール
  • アクセス
  • チケットに関して

ARTIST

ロシア国立ウリャノフスク交響楽団 ULYANOVSK STATE ACADEMIC SYMPHONY ORCHESTRA

1968年に設立のロシア国立ウリャノフスク交響楽団は、ロシアでもっとも有名なオーケストラの一つとして、その地位を確立している。ヴォルガ川のほとりに位置するこの大都市(モスクワから東に約600km)を訪れた客演者には、ヴァレリー・ゲルギエフ、マリス・ヤンソンス、ユーリ・テミルカーノフ、ウラディーミル・フェドセーエフなどのロシアの最高の指揮者たち、および、ソリストとして度々共演してきたムスティスラフ・ロストロポーヴィチらがいる。さらにエフゲニー・キーシン、デニス・マツーエフ、ナターリヤ・グートマン、セルゲイ・ナカリャコフ、ディミトリ―・ホロストフスキーなど、数多くのアーティストたちが共演し、この一流のオーケストラの高い芸術性を評価している。
102人の楽員たちが、レーニンおよびゴンチャロフの故郷であるウリャノフスクで年間60回以上のコンサートを行っている。彼らは海外でもツアーを行っている(中国、ドイツ、フランス、スペイン、スイス、北欧諸国など)ほか、モスクワ、サンクトペテルブルク等、多くのロシア連邦の都市の音楽祭でコンサートを行い、各地で称賛を得ている。
ロシア国立ウリャノフスク交響楽団は、「アカデミック・オーケストラ」および「政府所属のオーケストラ」という名誉称号を授与されている。エドワルド・セーロフ、ニコライ・アレクセイエフ、セルゲイ・フェルリョフ、オレグ・ズヴェーレフが同オーケストラの音楽監督兼首席指揮者を務めた。2018年よりロシアの俊英指揮者イリヤ・デルビロフが芸術監督・首席指揮者を務めている。