5/2(水)・3(祝木)・4(祝金)

JP / EN

  • ニュース
  • アーティスト紹介
  • スケジュール
  • アクセス
  • チケットに関して

ARTIST

ポーランド放送室内合奏団

ポーランド放送室内合奏団

ポーランド放送室内合奏団はアグニエシュカ・ドゥチマルによって1968年、ポズナンに設立され、当初は青年音楽国際連合、後にポズナン音楽協会の支援によって運営された。1976年には西ベルリンで開催された「インターナショナル・ミーティング・オブ・ヤング・オーケストラ」においてヘルベルト・フォン・カラヤン・シルバーメダルを獲得する。1977年にポーランド放送所属のオーケストラとなり、アグニエシュカ・ドゥチマルの指揮の下、ポーランド放送室内合奏団となった。

2008年までにオーケストラは、アグニエシュカ・ドゥチマルと共に約9000分にも及ぶ録音をポーランド放送に残している。バロックから現代音楽までに至る幅広いレパートリーによるコンサートが数百回にわたり放送されている。またポーランド放送には110に上るコンサート、音楽番組の収録を行っており 「ステレオと色」や「アグニエシュカ・ドゥチマルとゲスト」と言った番組などがある。フランスのテレビ局TF1にも5時間もの音を残している。また8枚の LP、38枚のCD録音がある。彼らは非常に多くの作品を初演してきているが、そこにはJ.コフラーによって室内オーケストラ版に編曲されたJ.S.バッ ハの“ゴルドベルク変奏曲”も含まれる。その他、ドイツのNDR、WDR、SFB、ロンドンのBBC、モントリオールのCBCや、メキシコの放送局にも、主にポーランドの音楽を録音している。

ヨーロッパ各国をはじめ、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、クウェート、台湾、そして日本などでも公演をしている。これまでにモーリス・アンドレ、マルタ・アルゲリッチ、パトリック・ガロワ、スティーブン・イッサーリス、ゲイリー・カー、ケビン・ケナー、ミッシャ・マイスキー、ジェレミー・メニューイン、イーゴリ・オイストラフ、ミカラ・ペトリ、アレクサンドル・ラビノヴィチ、ワディム・レービン、グレゴリー・ソコロフ、ギィ・ トゥーヴロン、ヘンリク・シェリングなどのアーティストと共演している。
またアムステルダムのコンセルトへボウ、ベルリン・フィルハーモニー、ケルンおよびミュンヘンのフィルハーモニー、ペテルスブルク・フィルハーモニー、ライプツィヒのゲバントハウス、ウィーン楽友協会、モントリオールのポラック・ホール、ロンドンのクイーン・エリザベス・ホール、ミラノのスカラ座、そして東京オペラシティ・コンサート・ホールなどがある。その他にオーケストラはヨーロッパ各地で数多くの音楽祭にも定期的に参加している。